グロリア 買取価格 相場 よりも 高額 にする 裏技 を解説しています!今すぐ確認!
↓↓↓↓↓クリック!
http://自動車買取.so-net.or.jp/

グロリア 買取 相場

グロリアの買取価格をグロリアの買取相場よりも高額にするための裏技を本音で語っています。

↓↓↓↓↓↓↓コチラをクリックして今すぐ確認してください!

【グロリアの買取価格を高額にする裏技はコチラをクリック!】

プリンス自動車工業、日産自動車が製造・販売していたグロリア (GLORIA) は、上級セダンである。当時の富士精密工業(後のプリンス自動車工業)が、皇太子明仁(現・今上天皇)と正田美智子(現・皇后)の成婚を記念して、ラテン語で「栄光」を意味する「グロリア」の車名が付けられた。1959年1月初代グロリア(BLSI型)は発売された。初代グロリアは、開発期間を短縮する観点からALSI型スカイラインのボディーを流用し、シートや内・外装を高級化した。初代ALSI型スカイラインの派生モデルとしてスタートし、戦後一般発売された日本車では初の3ナンバー車となった。4代目(230型)からはセドリックと姉妹車となり、2つを併せて「セド・グロ」と呼ばれた。セドリックと共に、同クラスのクラウン(トヨタ)とは、自家用車をはじめタクシー、ハイヤー、パトカー、教習車などの法人需要でも長年のライバルであった。1999年6月11代目(Y34型系)が登場した。幾度ものモデルチェンジを行い長年愛され続けてきた「グロリア」でしたが、2004年10月後継車となる「フーガ」の登場と共に46年間の長い歴史に幕を閉じました。

【運営者情報】自動車評価学会 グロリア買取相場研究部会

性別: 男性 女性
職業: 学生 会社員 公務員 その他

年代:

リンク集| リンク集1| リンク集2| リンク集3| リンク集4| リンク集5| リンク集6| リンク集7| リンク集8| リンク集9| リンク集10| リンク集11| リンク集12| リンク集13| リンク集14| リンク集15| リンク集16| リンク集17| リンク集18| リンク集19| リンク集20| リンク集21| リンク集22| リンク集23| リンク集24| リンク集25| リンク集26| リンク集27| リンク集28

i2i無料WEBパーツ